この映画リピ決定!あなたがDVDまで買って何度も観る映画とは?

切なくて官能的なラブストーリーの傑作『髪結いの亭主』

切なくて官能的なラブストーリーの傑作である
『髪結いの亭主』は
1年に1度は必ず観てしまいます。

冴えない中年男と魅力的な美女の切ないラブストーリーを描いた作品です。

小さい頃の理髪店での
官能的な経験を描く幼少シーンの見せ方と、
大人になって理想的な美容師の女性と恋に落ちるところがとても文学的です。

主人公は男性で、
理想の女性と結婚して彼女のそばで暮らす人生は
とても満ち足りているように見えます。

彼女を見つめる甘い視線にドキドキします。

夢物語みたいな幸せな暮らしの中で、
このままこの幸せがずっと続けばいいのにと思ってしまいますが、
後半シーンでやっと彼女の心情が明らかになります。

彼女の決断に胸を打たれます。

このストーリーは現実とはまったく別の
美しい耽美的な世界観で構成されていて、
わたしも人生で一度はこんな関係を築いてみたいと夢を見てしまいます。

日常を忘れて、
愛に生きる人生を心の中に宿したいときに
いつも『髪結いの亭主』を観てしまいます。